型取りでフルボトルのマスタープレートをつくる 〜中編〜

th_fullbottle_master_37

前回で、どのような音声も再生可能となるフルボトルのマスタープレートについての考え方は示しましたので、ここからは具体的に作成していきます。必要な具材は、以前型取りしたときと全く同様です。

以下、マスタープレートの作成の話ではありますが、ネタバレ音声等はありませんので、ご安心ください。

th_fullbottle_master_3

まずは、友情フルボトルを完全に分解して、

th_fullbottle_master_4

認識ピンのプレート部分だけを取り出します。他の部分は再度組み付けるなどして、なくさないようにしておきましょう。

th_fullbottle_master_5

プレートと、レジンの通り道となる部品(今回はストローを使います)を囲うように、シリコン型の外枠をブロックで作ります。高さは2段でOK。

th_fullbottle_master_6

ちょうど半分の高さまで粘土を敷き詰めて、平らにならして、

th_fullbottle_master_7

ブレートとストローを沈めます。プレートの方は、隙間からシリコンが入ってきてしまわないようにギュッと沈めます。

th_fullbottle_master_8

ダボ穴をあけて、シリコンバリアーを塗れば準備完了です。

th_fullbottle_master_9

次にシリコンを計量します。今回は50gで丁度ぐらいです。

th_fullbottle_master_11

硬化剤は2gでOKですが、ちょっとミスって3g入ってしまいました。

th_fullbottle_master_12

よく混ぜ合わせたら、シリコンを流し込んで6〜8時間待ちます。

th_fullbottle_master_15

固まったらブロックを外します。

th_fullbottle_master_16

こんな感じで綺麗に二層に分かれるので、粘土を剥がします。

th_fullbottle_master_17

 こんな感じになっていました。

th_fullbottle_master_18

 プレートやストローの上にシリコンが覆いかぶさってしまっていたところは、デザインナイフやカッターで剥がしておきます。

th_fullbottle_master_19

再度、ブロックで外枠を作ります。シリコンバリアーを塗るのを忘れずに。

th_fullbottle_master_20

再度、シリコンを計量します。今回も50g、硬化剤2gで。

th_fullbottle_master_23

よく混ぜ合わせたら、シリコンを流し込んで、再度6〜8時間待ちます。シリコンは50gだと分量的に結構ギリギリなので、不安な人は60gとっておいた方がよいかもしれません。

 

th_fullbottle_master_26

8時間後。固まりました。

th_fullbottle_master_27

外枠のブロックを外してバリをとると、こんな感じです。

th_fullbottle_master_28

二層のシリコンを剥がすと、こんな感じになっていました。うん、結構綺麗にできたと思います。

th_fullbottle_master_29

レジンの通り道となる部分の穴を広げ、空気穴を作ります。プレートとストローの接続部分もちゃんと広げおかないと、注いだレジンが詰まってしまうので注意。

th_fullbottle_master_30

上から見るとこんな感じです。

 

では、レジンを注ぐ準備に入ります。

th_fullbottle_master_31

二つのシリコン型を密着させます。上の写真ではテープで巻いていますが、後日試したところでは、輪ゴムの三重巻き x 3でも問題ありませんでした。

th_fullbottle_master_33

レジンを量ります。A液とB液、それぞれ10gもあれば充分です。7gずつでも多分大丈夫。

th_fullbottle_master_34

よくかき混ぜたら、型に注ぎ込みます。今回のプレートについては、どうしても空気が入ってしまいやすい部分がありますので、焦って早くレジンを入れてしまうと、うまく成形できない場合があります。できるだけゆっくり注ぎ込みましょう。

上のような180秒硬化タイプだと、固まるまでにかなり時間の余裕がありますので、落ち着いて注ぎ込めると思います。

th_fullbottle_master_35

20分ぐらい経って固まっていることが確認できたら、型を外します。

th_fullbottle_master_36

こんな感じになります。

th_fullbottle_master_37

バリをとって、型取り元のプレートと並べてみます。一見、うまく複製できているように見えますが、よく見ると、ほとんどの認識ピンの頂点の部分が丸く欠けていることがわかります。

th_fullbottle_master_38

このような細かい部分はどうしても空気が入ってしまい、うまく成形できないのです。ただ、この程度の欠けであれば、ビルドドライバーはちゃんと認識してくれるので、問題ありません。

th_fullbottle_master_39

裏面。こちらも、一部欠けてしまっています。こちらも空気が入りやすく欠けやすい部分ですが、ネジ穴の部分が丸々なくなるレベルで欠けさえしなければ、多少欠けるぐらいは問題ありません。

 

さて、これで一応友情フルボトルのプレートの型取りはできました。これで、任意のピンを切り落とせば、81種類のフルボトルの音声は再生可能になります。

次週、メダルフルボトルのプレートに細工&型取りして、残りの81種類の音声を再生可能にします。


「型取りでフルボトルのマスタープレートをつくる 〜中編〜」への5件のフィードバック

  1. 仮面ライダーのおもちゃに合わせて技術を習得していくと全く同じことしててつい笑ってしまったw

    1. 帝都 様

      笑っていただきありがとうございます◎ 自分で言うのも滑稽かもしれませんが、自分がやりたいと思うことをやるために技術を身につけるというのは、とても健全なことだとなあと思います。

  2. あ、いえ滑稽的な意味ではないです。
    自分もこのブログを参考にさせていただいてガシャット改造したりして、フルボトルは型取りしてやるしかないな~と思ってそっちにも手を出してて。
    久しぶりにブログの方見にきたら、電子工作系の方だと思ってたら同じように型取りに手を出してたものでつい

    1. あ、すみません、私も反論したかったわけではなく、「お互い健全な形で成長できてて良いですね◎」と言いたかっただけです。確かに自分の本筋は電子工作系ですが、できることが増える方が作れるものの幅も広がりますので、やれそうなところはとりあえずやってみよう、という感じで色々やっています。あとはお絵描きスキルと3Dデザインのスキルさえあれば何でも作れると思うのですが、さすがにこれは一朝一夕で身につくものではないですね。。。

  3. これまた全く同じ悩みというか壁にぶつかってるのが・・・w
    お絵かきや3Dデザインスキルは理屈がわかっただけでは実現が難しいのがしんどいですよね・・・
    ただどこぞの調査データでは練習さえすれば多少の上達スピードの差はあれど大抵の人間が習得できるそうなので、悲観することはなけれど、根気良く練習し続けるしかないのでしょうね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>