Philips hueをAPIで制御してみる

th_2015-end-7

hueについては、「IFTTTでうまいこと組み合わせられるならそれでいーや」と、深追いするつもりは全然なかったのですが、以前少しお話しした通り、IFTTTだと微妙に融通がききません。時間通り動いてくれなかったり、色と明るさを同時に指定できなかったり。

というわけで、ちょっと面倒ですが、自分で細かく制御するようにしたいと思います。

hueについては「制御用のAPIが用意されている」ということだけは耳にしていたのですが、具体的にどんなAPIなのかもよく知らなかったので、まずはそこから調査です。

公式の開発者用ページのGetting startedをざっと見たところ、RESTfulなWeb APIっぽいですね。うん、それならラクそうだ。

とりあえず、Getting startedの手順通りに進めていきます。まずはIPアドレスの確認から。公式アプリの設定→マイブリッジ→ネットワーク設定で、DHCPをOFFにすると、IPアドレスが表示されます。このアドレスをメモしたら、DHCPをもう一度ONに戻しておきます。

で、http://<bridge ip address>/debug/clip.htmlに対してブラウザでアクセスしてみると、

hue-1

こんな画面が表示されます。この画面を使って、次に認証用のユーザネームを設定します。URLとMessage Bodyに次のように入力して、hue本体のブリッジのボタンを押してからPOSTボタンを押します。

  • URL:/api
  • Message Body: {“devicetype”:”my_hue_app#rapiro”}

MessageBodyの”devicetype”の値はなんでも良さそうです。成功すると、JSONの”username”の値にランダム文字列が返ってくるはずなので、それをコピペで保存しておきます。

 

さて、これでhueをWeb APIで操作する準備は整いました。まずは自分の所有しているhueの情報を確認します(以下ではURLが”http://<bridge ip address>”で始まっていますが、先にusername登録で使用したWeb UIをそのまま使うなら、この部分は省略できます)。

  • URL: http://<bridge ip address>/api/<username>/lights
  • Body: なし
  • Method: GET

これで、所有しているすべてのhueのIDと状態が返ってくるはずです。このIDをURLに足せば、特定のライトの状態を確認できます。

  • URL: http://<bridge ip address>/api/<username>/lights/<ID>
  • Body: なし
  • Method: GET

現在指定のIDのライトが消えているとして、このライトをつけます。

  • URL: http://<bridge ip address>/api/<username>/lights/<ID>/state
  • Body: {“on”:true}
  • Method: PUT

これで指定した照明をとりあえずONにすることができました。

さらに、上で指定した”on”以外の情報も与えてやれば、色や明るさを指定して点灯させることができます。

  • bri … 明度。明るさ。0~254で指定。大きいほど明るくなる。
  • sat …  彩度。鮮やかさ。0~254で指定。小さいほど無彩色(白・黒・灰色)に近づき、大きいほど純色(色相で指定した色)に近づく。

色相(色合い)については、以下のどちらかを使って設定できます。

  • hue … 0~65535で指定。
  • xy … [x,y]の形で指定。xとyは共に小数。

それぞれどの値がどの色に対応しているかですが、hue公式の開発者用ページ(ページ後半)の色の絵を参照すればおおよそわかります。xy指定の方が調整はしやすそうです。

ということで、例えばライムっぽい色にするならこんな感じ。

  • URL: http://<bridge ip address>/api/<username>/lights/<ID>/state
  • Body: {“on”:true, “bri”:24, “xy”:[0.15,0.7], “sat”:254}
  • Method: PUT

th_hue-3

うん、良い感じです。

 

というわけで、色の指定だけが若干調べるのが面倒ですが、比較的簡単にhueは制御できそうです。

あとはこれをどう利用するかですが、とりあえず、IFTTTでイマイチだった天気予報連携をやりたいところです。


「Philips hueをAPIで制御してみる」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>