奥様との会話「星野源の新刊『蘇える変態』の購入について」

 

私 :「明日は星野源の新刊の発売日だ。買いにいかなくてはならぬ」

 

奥様:「ならば、私が買っておいてやろうか?幸い、私は明日は仕事が休みだ」

 

私 :「その申し出はありがたい。しかし、よりによってタイトルが『蘇える変態』だ。

    いささか購入のハードルが高いと思われるが、そんなタイトルで大丈夫か?」

 

奥様:「大丈夫だ、問題ない」

 

私 :「わかった、任せよう」

 


 

奥様:「手に入れたぞ」

 

私 :「流石だ」

 

奥様:「見つからなかったので、店員に尋ねた」

 

私 :「ほう。して、なんと?」

 

奥様:「『今日マガジンハウスから発売の、星野源の新刊ありますか?』と」

 

私 :「なるほど、やはりタイトルを言うのは気が引けたか」

 

奥様:「店員に大声で『蘇える変態でよろしいですか?』と確認されてしまった」

 

私 :「なんと」

 

奥様:「レジに3人ぐらい客がいたのに」

 

私 :「うむ」

 

奥様:「『蘇った変態を求めるなんて、この女こそ変態ではないか!』と思われたに違いない」

 

私 :「うむ」

 

奥様:「辱めを受けた」

 

私 :「だから、申し上げたのに」

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>