タグ別アーカイブ: OpenECHO

バイトと16進数 〜OpenECHOを扱うための基礎の基礎〜

OpenECHOという、Javaのライブラリがあります。これは宅内の機器間通信のプロトコルであるECHONET LiteをJavaで実装したもので、使いこなすことができれば、自分のおウチを自分でどんどんスマートハウス化できてしまうという、Makerの人にとってはとても素敵なシロモノです。

このライブラリを扱う上で避けては通れないのが、バイトの扱い。なぜなら、ECHONET Liteの仕様で、機器間通信のパラメータや戻り値はバイトでやりとりすることになっているから。おそらく、プログラム大好きな人や、コンピュータの誕生と進化と共にプログラムを学んできた人からすればどうってことない問題なのでしょうけれど、初めて触った言語が大学の授業でのJavaで、しかもその後特にプログラムにハマるようなこともなかった自分からすれば、文字列、バイト、int、2進数、16進数等々の関係が良くわからないのです。

というわけで、わからないなりに整理。以下、おそらくもっと良い方法もあるのかもしれないけれど、とりあえず動けばいいや、の精神で記載しておりますのであしからず。 続きを読む