タグ別アーカイブ: hue

Hue Tapスイッチが高いのでESP-WROOM-02で物理スイッチを自作する 後編

前回に引き続き、Philips hueの物理スイッチを自力で作りましょうのコーナーです。前回まででESP-WROOM-02を自由にプログラムできるようになったので、後はWi-Fiに繋いで、hueに対してHTTPリクエストを投げるようなプログラムを書いて、物理ボタンを配線してあげるだけです。

続きを読む

Hue Tapスイッチが高いのでESP-WROOM-02で物理スイッチを自作する 前編

th_arduino-esp-7

Philips hue、ウチでは主に朝の天気予報装置として活躍しているのですが、良い設置場所がなくて、今はデスクのサブライトとして設置しています。

そういうわけで、できれば手軽に点けたり消したりできるようにしたいのですが、hueは基本的にアプリで操作するものなので、イチイチスマホのアプリを立ち上げなきゃいけません。些細なことですがこれはやっぱりストレスなので、できれば物理スイッチが欲しいです。

そういう要望は多かったようで、hueは公式に物理スイッチを販売しています。

。。。うん、高い。カッコイイし電池いらないしで製品としては文句無しなんですが、とにかく高い。

hueはWeb APIで操作できるのだから、HTTPリクエストさえ発行できるものがあれば、同じようなものは作れるハズ(さすがに電池なしはハードル高いですが)。

 

ということで、以前購入して放置していたESP-WROOM-02モジュールを引っ張りだしてきました。

これで物理スイッチを作ることができれば、だいぶお安く済みそうです。というワケで、いざチャレンジ。

続きを読む

Philips hueを天気予報と連動させる

th_hue-weather-1 th_hue-weather-2 th_hue-weather-3

前回、hueをWeb APIで制御するところまでやりました。次は外部サービスの天気予報情報と連動させてhueを制御したいと思います。

具体的には、自分が朝起きる少し前に、その日の天気が晴れだったらオレンジ色、雨だったら青色、みたいな感じで弱く光らせておく、というのをやってみたいと思います。今自分はhueの電球をデスクのサブのライトとして設置しているので、起きた時にその光が目に入ってきておよその天気がわかると、ちょっとスマートかなと。

hueと天気予報を連動させる一番簡単なやり方は、おそらくIFTTTを使うやり方だと思います。こちらの方がレシピの作り方を詳細に書いてくださっています。ただ、このやり方だと、以下の2点において、自分の要求を満たすことができません。

  • 基本的に遅延が発生する。自分は6時30分に起きて数分以内には寝室からリビングに移動してしまうので、あんまり遅れると照明の色を確認できない。
  • IFTTTだと照明の色と明るさを同時に設定できない。基本的に明るさMaxで点灯するため、上記の遅延を加味して早めの時間にIFTTT連携を設定してしまうと、眩しすぎて目が覚めてしまう。

というわけで、ちょっと面倒ですが自前で連動サービスを作ります。

続きを読む

Philips hueをAPIで制御してみる

th_2015-end-7

hueについては、「IFTTTでうまいこと組み合わせられるならそれでいーや」と、深追いするつもりは全然なかったのですが、以前少しお話しした通り、IFTTTだと微妙に融通がききません。時間通り動いてくれなかったり、色と明るさを同時に指定できなかったり。

というわけで、ちょっと面倒ですが、自分で細かく制御するようにしたいと思います。

続きを読む

2015年買って良かったもの

th_2015-end-9

気がつけば年末です。当初から予定したものではなかったのですが、今年は「ほぼ週一で更新する」という(自分としては)偉業を達成してしまいました。昨年に比べて仕事が落ち着いていて時間が取れた、ということもありますが、これもひとえに当サイトを見に来てくれている皆様のおかげです。「誰かが見に来てくれている」ということが、更新を続けていく上での一番のモチベーションになっています。Google Analytics万歳。

ということで、一応ブロガーの端くれみたいなことはしてきたつもりなので、この時期になると皆々様がやっている「今年買って良かったもの」を当サイトでも発表してみたいと思います。少々長めですので、年末年始のお暇なときにでもどうぞ。

では、さっそく。

続きを読む