タグ別アーカイブ: Arduino

Arduino Groveシステムの使い方①

さて、久しぶりに本業(?)の電子工作のお話でも。

 

ちょっと色々センサを使う必要が出て来たので、前から存在は知っていたものの手を出していなかったGroveシステムに手を出してみました。Groveシステムは簡単に言うと、Arduinoでセンサやアクチュエータをより簡単に扱えるようにするためのプラットフォーム、といったところでしょうか。専用のシールドに、Grove対応のセンサやアクチュエータを挿していきます。

 

蛇足ですが、Arduino使った電子工作の話をしていると「シールドなんて使ってんじゃない」的に話されることがたまにあったりします。多分「技術者ならそんなもんに頼らず自分で回路ぐらい組め」とか「シールド使うと図体がデカくなって扱いにくいだろうが」という意味合いがあるのでしょうが、個人的にはシールド使うのは全然アリです。プロトタイプ作る分には断然シールド使う方が早いですし、何より『換装可能な追加パーツ』ていう存在が、男心をくすぐるではないですか。子供の頃はガンダムF90とか好きでした。V2アサルトバスターとかもよい感じです。追加パーツでゴテゴテ万歳。

 

 

th_grove

まあ、これはさすがにやり過ぎだと思いますが。

とりあえず、Startert Kit (V3)と、追加で色々購入したので、ちょっと動かしながら色々メモ。

続きを読む

今後RAPIROでやりたいこと

さて、前回のWiiリモコンでのコントロールで自分の中では一区切り着いた感じですが、まだまだやりたいことがあるのです。ということで、忘れないようにメモ。

  • RAPIROのステータス(Raspberry Pi起動完了、ネットワーク接続完了、リモコン接続完了、etc)を眼の色で通知
  • 立ち上げると自動でリモコン操作受付状態
  • 赤外線リモコン
  • 写真・動画撮影 ⇒ 遠隔閲覧(DLNAサーバ?)
  • AR
  • スピーカー搭載、音声合成
  • XBee通信テスト
  • 各種センサの搭載(温度、湿度、照度、人感、音)
  • スマホUIからの操作(宅内、宅外問わず)
  • ずっと考えていること(無駄な実用化)

 … 早くGWにならんかなあ。

RAPIROをWiiリモコンで制御する

解決!

ということで、WiiリモコンでRAPIROを制御できるようになりました。

今のところ(2014/3/1時点)、本家にはDualshock 3でRAPIROを制御するためのサンプルプログラムが公開されています … が、残念ながら自分はPS3を持っていないので、コントローラを持ち合わせておりません。購入するのが手っ取り早いですが、結構なお値段がするようです。最近色々買い過ぎて懐が大変お寒いので、ここでは代わりに、お家に余っていたWiiリモコン で制御できるようにしてみました。複雑な動作をさせようと思ったら両手持ちのDualshock 3の方が適切な気がしますが、Arduinoにプリセットしてあるモーションを呼ぶぐらいなら、片手で制御できるWiiリモコンの方がお手軽です。何より白いRAPIROには白いWiiリモコンが似合うと思います。

では、作業記録です。

(5/18 追記)
このあたりの手順をまとめなおしたものを、こちらに記載しておきました。よくわからなければ、そちらも参照してみてください。

続きを読む