HerokuのDynoを寝ないようにする

WordPressの管理画面で記事を作成しようとしたり、自分のページを確認しようとしたときに、アクセスできなかったり、WordPressのインストール画面に飛ばされることが結構ある。Herokuは何やら1時間放置されると勝手に寝るらしいので、それが原因…かどうかはよくわからないけれど、とりあえず次の対策をしてみる。

HerokuのDynoが寝ないようにする

これで改善されると良いのだけれど。

Raspberry Pi + Processing (+pi4j) 〜OpenECHOの下準備〜

Raspberry PiでOpenECHOを動作させる前準備として、Raspberry PiへのProcessingのインストールにチャレンジ。といっても、今回も基本的に先駆者の後を追うだけなのですが。

JavaでRaspberry PiのGPIOを制御する

こちらを参考に、と思ったら、さらにこちらも参考にされているところがあったので、以下、下記を参照しながら進めることにする。 続きを読む

Raspberry Pi + Wi-Fi + 固定IP

ずっと前に購入していながら、ずっと触れていなかったRaspberry Piの立ち上げを実施。ゆくゆくはこの子にはサーバとして働いてもらうことになりそうなので、Wi-Fi利用で固定IPを割り振ろうとしたところ、これがなかなかうまくいかない。Ethernetで固定IPを割り振る方法は手持ちの本にも書いてあるのだけれど、これがWi-Fi利用ということになると、なぜかネット上でも情報がまちまち。海外サイト等を探して「これでうまくいくよ!」という設定にしてみても、うまくいかない。一時的にうまくいっても、Raspberry Piを再起動するとネットに繋がらなくなってしまう。 続きを読む

バイトと16進数 〜OpenECHOを扱うための基礎の基礎〜

OpenECHOという、Javaのライブラリがあります。これは宅内の機器間通信のプロトコルであるECHONET LiteをJavaで実装したもので、使いこなすことができれば、自分のおウチを自分でどんどんスマートハウス化できてしまうという、Makerの人にとってはとても素敵なシロモノです。

このライブラリを扱う上で避けては通れないのが、バイトの扱い。なぜなら、ECHONET Liteの仕様で、機器間通信のパラメータや戻り値はバイトでやりとりすることになっているから。おそらく、プログラム大好きな人や、コンピュータの誕生と進化と共にプログラムを学んできた人からすればどうってことない問題なのでしょうけれど、初めて触った言語が大学の授業でのJavaで、しかもその後特にプログラムにハマるようなこともなかった自分からすれば、文字列、バイト、int、2進数、16進数等々の関係が良くわからないのです。

というわけで、わからないなりに整理。以下、おそらくもっと良い方法もあるのかもしれないけれど、とりあえず動けばいいや、の精神で記載しておりますのであしからず。 続きを読む

うっかりエンジニアになってしまった人たちへ