NINTENDO LABOをちょっと楽しくするArduino Toy-Con

発表されたときから「絶対買う」と決めていた『NINTENDO LABO』。早速、バラエティキットを購入致しました。

本当はロボットキットの方も購入したかったのですが、奥様に難色を示されたので断念。バラエティキットの方は「子ども(一歳数ヶ月)も一緒に遊べるから!」という説得で許可が下りました。

th_n_labo_1

で、実際遊びまくっているウチの長男。一緒に作ることは当然できませんでしたし、遊べて「おうち」と「ピアノ」だけなのですが、大変気に入ってくれているようで、朝起きるとまず私の部屋にやってきて「あれやらせろ」と手を伸ばします。超かわいい。

 

。。。さて、元々用意されている5つのToy-Con(「リモコンカー」「つり」「おうち」「バイク」「ピアノ」)でも十分楽しめるのですが、やはりこのソフトのキモは『Toy-Conガレージ』でしょう。簡単にいうと、「Switch本体とJoy-Conの機能を好きに組み合わせて、あなただけのオリジナルの遊び(Toy-Con)を発明しよう!」という内容です。早速、ネット上では色々なオリジナルToy-Conがアップされてきています。音ゲーを作ったり、ゲーム&ウォッチを再現したり、視力検査装置を作ったり、ただ自分の絵を見て褒めてくれる装置を作ったり。。。なるほどなあと思うものがたくさんあって大変楽しいです。『NINTENDO LABO』は「モノづくりは興味あるけど、電子工作とかプログラムとかムズかしいよね」と思っていた人たちを引っ張り上げてクリエイターにしてしまう、とても素晴らしいツールだと思います。

その一方で、小心者かつひねくれ者の私は、「そんなのあったら、みんな簡単におもしろいモノを作れてしまって、相対的に自分の価値が下がってしまうではないですか!」という気持ちもちょっぴりあるのです。

というわけで、自分の存在証明のため(?)、同じオリジナルToy-Conを作るにしても、モノづくり初学者にはちょっとハードルが高そうなモノを敢えて作ってみることにしました。電子工作好きなら誰でも知っているArduinoとの連携によって実現するToy-Conを作ってみます。

続きを読む