PythonでWebSocketのお勉強

websocket

最近はおもちゃづくりばっかりやっていましたが、超超超久しぶりに、基礎勉強のお話です。自分の本業の兼ね合いもあって、PythonでWebSocketを扱えるようにしておきたいと思います。いずれクラウド連携するおもちゃを作るときに役立つかもしれませんし。たまにはこういうこともやらないと、できることの幅が広がらないのです。

続きを読む

フルボトル専用発光台座をつくりました

th_full_bottle_stand_25

約一ヶ月ぶりです、ご無沙汰しております。最近更新が滞っており申し訳ありません。主に本業と育児とドラクエ11のせいです。

さて、前回、フタを回して光るフルボトルというものを作ってみました。あれはビルドドライバーが発売される前に作ったものなのですが、ビルドドライバーの発売後は、やはりたくさんの方々がドライバー上でのフルボトル発光にトライされていました。

私の知るかぎりでは、最も費用対効果の高い方法を提案されていたのは、YOの玩具箱のUNOYO様だと思います。

詳しくはこちらの記事をご覧頂きたいのですが、ミライトという超小型発光ユニットをビルドドライバーのボトルスロットの後ろに置くだけです。

たったそれだけのお手軽さであの美しさを出せるのは素晴らしいです。

 

ドライバーとの連動を重視して、さらに凝った改造をされている方もおられます。

自分も「これができたらカッコイイなあ、でもドライバー分解しての改造はキツそうだなあ」と思っていたので実際にやってのける方がおられて素直にすごいなあと思いました。

 

さて、そんな感じでフルボトルの発光については、ビルドの放映開始からまだ一ヶ月なのに、そろそろやり尽くされてきた感があります。ただ、それは極一部の特殊なクラスタ(特撮好き&改造スキル持ち)界隈の話で、一般的にはフルボトルは未だ「フタが回って振るとシャカシャカいうもの」でしかないのではないかと思います。そこで、「改造スキルなんかなくても、みんながフルボトルを光らせて遊べる方法はないかな?」と、ちょっと考えてみました。

 

th_full_bottle_stand_2

で、こんなのを作ってみました。

th_full_bottle_stand_7

外付け式のフルボトル専用発光台座です。作り終わってから気づいたのですが、やっていることは食玩の仮面之世界(マスカーワールド)の発光台座と同じですね。

以下、詳細です。これも、『Nintendo Swtichをちょっと楽しくするスイッチ』同様、必要であれば制作を請け負いますので、もし興味のある方がおられましたら、ぜひ最後までお読みください。

続きを読む