RAPIRO(ラピロ)のArduino基盤を冷却する

th_rapiro-cooler_11

前々回の終わりに少し書きましたが、個人的に気になっているのは、ラピロの頭の中のRaspberry Pi 2の発熱より、胴体の中のArduino基盤の方の発熱です。胴体後方に触れると分かりますが、結構早い段階から熱くなりっぱなしです(自分のだけ?)。

ラピロをホームセキュリティロボ的に使おうと思ったら、電源入れっぱなしが前提になるので、この発熱は自分としては心臓に悪いです。というわけで、何とか冷却できないかなあと色々考えてみました。

とりあえず簡単にできる方法として、胴体後方に放熱用の細かい穴をたくさん開けてみることにしました。が、あんまり効果が感じられなかったので、どうにかして冷却ファンを組み込む方法を模索することにしました。

続きを読む