『投資家が『お金』よりも大切にしていること』『投資は『きれいごと』で成功する』

自分は経済の話はさっぱりわかりません。『仮にもエンジニアですから』なんて言い訳が通じないぐらいにわかりません。おそらく30代前半にもなったら、経済の専門家でなくても、株式とか国債とか日経平均株価だとかある程度のことはわかってくるような印象(←実際、同世代の友人に会うとそういう話になったりもする)なのですが、恥ずかしながら自分は全然わかりません。

元々ビビリな性格なので、「株とかってミスったら大変なことになるではないですか!」というイメージが強いですし、会社にいるときも、いきなり営業の電話がかかってきて「マンション経営しませんか!」なんて言ってくるものですから、そういう投資だとか何だかとかに対する不信感は募る一方です。そんなワケなので、基本的に稼いだお金は銀行に預けっぱなしだし、株の購入とかも一切やっていません。

が、「それはそれでいかがなものか?」ということを考えるきっかけになる本を読んだので、せっかくなのでご紹介です。

続きを読む