RAPIRO(ラピロ)に赤外線リモコンを装備させる

th_rapiro_gun_1

「ラピロに銃の形をした赤外線リモコンを装備させたらおもしろカッコイイんじゃないか?」

というアイデアは、ラピロを購入して一ヶ月ぐらいした頃に、ぼんやりと思いつきました。ちょうど一年ぐらい前です。その頃は「 Arduinoで赤外線リモコン作ってRaspberry Piから制御すればいけるかなー」とか考えていたのですが、いざやろうとすると色々面倒で、ちょっと仕事が忙しかったこともあって、なかなか手をつけられずにいました。

最近になって、ちょっと時間ができたのと、なんやかんや色々知識が増えたのと、また1年前にはなかった強力な武器を2つ手に入れたこともあって、ようやく実現に漕ぎ着けました。武器の一つは、3Dプリンタ。もう一つは、大宮技研さんの販売しているirMagicianです。

 赤外線リモコンについては過去に自作したこともあるのですが、かなり制約が厳しくて(距離が短く、かつ有効角度がシビア)、ちょっと実運用には厳しいなあという状態でした。

そんなワケで、なんとか距離と角度の問題を解決できないかなあと色々探しているウチに見つかったのが、irMagicianでした。Raspberry Piでの利用実績もあるし、べらぼうに高いワケでもない(←キット版1,980円、完成版3,980円)ので、ちょっとテストしてみるつもりで購入しました(ちなみに購入したのは完成版です。表面実装とかのスキルは持ち合わせておりませんゆえ)。

試してみた結果、部屋の対角線上の真逆にあるエアコンが操作できたので、4mぐらいは飛んでいると思います。これだけ飛んでくれれば自分的には十分です。角度も、厳密には測っていませんが、自分が自作したものに比べるとだいぶ許容範囲が大きくなっている気がします。

というわけで、自作よりもirMagicianベースで、ラピロの赤外線リモコン装備を作成していくことにしました。以下、作業記録です。

続きを読む