Arduinoセンサステーションを作る

th_sensor_station_1

前回、ラピロにXBee通信機能つきの Arduinoシールドを装備させました。せっかく無線通信できるのだから、遠隔地のセンサ情報の取得とか機器制御もやってみたくなるのが人情(?)というものです。

というわけで、ラピロの通信相手となるセンサステーションを作ろうと思います。

搭載したセンサ諸々はこんな感じです。

 それぞれ精度とかはあまり求めていなくて、「おおよその値がわかればいいから簡単に使えそうなのがいいな」という基準で選定しています。

続きを読む

RAPIRO(ラピロ)にArduinoシールドを装備させる

th_rapiro_arduio_20

誤解を招きそうなタイトルですが、かといって嘘を言っているワケでもなく。

世間一般で言うところのArduinoシールドを利用できるようにしたのではなく、Arduino自体を(ガンダムが持ってそうな)物理的なシールドとしてラピロに装備させました。前回、Arduino経由でラピロのRaspberry Piにセンサ群を接続しましたが、いろいろビローンとなってしまっている状態(?)だったので、こういう形でまとめ上げてみました。

続きを読む

Raspberry PiとArduinoをI2C通信で連携させる

th_rapiro_i2c_1

前回で一応Arduino側のハードの準備はしたので、ここからはソフトの準備です。

Raspberry PiとArduinoを連携させるにあたって、連携方法は色々あると思います。素直にRaspberry PiにArduino IDEを入れてUSBで繋ぐ方法もあるのでしょうが、個人的にラピロの目にLEDマトリックス基板を入れたときにI2Cを使う準備を整えていたことと、あとRaspberry PiにArduino IDEを入れるのは何か嫌だな、Raspberry PiからはArduinoというより単なるI2Cデバイスとして扱う方が使い勝手良さそうだな、と思ったことから、I2Cでやってみることにしました。

。。。まあ、結論から言うと、結構ハマってしまいましたが。一応、できることはできました。

では、早速。

続きを読む

『未来冒険チャンネル5』

復刊版の『未来冒険チャンネル5 Vol.3』を読みました。待ちに待ちましたよ、15年ぐらい。

 

ほとんどの人は知らないマンガだと思いますが、『南国少年パプワくん』で有名な柴田亜美先生の初期のSF作品です。『南国少年パプワくん』の最終回で、当時、同時期に月刊少年ジャンプで連載されていた『自由人HERO』と同じく、『南国少年パプワくん』との作品世界の繋がりが暗に示されていたのが、当時アニメージュで連載されていた、この『未来冒険チャンネル5』なのです。

続きを読む