RAPIRO(ラピロ)のサーボモータの通電をOFFにする

Maker Fair 2014 Tokyoが近づいてきました。去年初めて行ったんですが、個人的にはすごく居心地の良いイベントでした。ブラブラ歩いているだけで楽しい感じ。今年も是非行きたいですが、東京遠征なので結構お金がかかる。。。最近Mac MiniやらiPhone 6やらディスプレイやら食卓テーブルやら羽毛布団やら友人の結婚式x2でどう考えてもお金を使い過ぎです。でもまー、行かずに後悔するより行って後悔した方がいいと思うので、多分行くことにはなると思っていますが。

あと、最近になって自分の中でロビの存在が気になりだしました。言わずと知れた、組み立て式ロボですね。週刊で供給されるパーツを全部揃えると14万円近くしますが、すばらしい出来だと思います。すごいよディアゴスティーニ。

最初は出来が良すぎて『なんだい、そんなカスタマイズもできないような既製品!』と突っぱねたんですが、「ロボと対話する」「ロボと一緒に暮らす」ってどんな感じだ?というのを検証するのには、現状これが一番良い気がするのです。Pepper?うーん、すみません、開発者としてはとても良い題材だと思いますが、一緒に暮らしたいかと言われたら、NOです。シンプルに、見た目がちょっと生理的に苦手なので。

でも、前述のとおり、お金がありません。なので、ここは浮気をせずに、今そばにいるラピロを立派なコミュニケーションロボに育て上げることにします。その方が、自分にとって確実に力になりますし。

ということで、前置きがとても長くなりましたが、今回は超超久しぶりのラピロの工作話です。

続きを読む