Nintendo Web Framework

自分は任天堂が大好きです。「尊敬する人は誰?」と聞かれれば、「岩田聡、宮本茂、横井軍平です」と答えるぐらいには任天堂が大好きです。就職活動のときも任天堂を第一志望にしていたぐらいには任天堂が大好きです。諸々の事情により、最終面接の場で面接を辞退するという事態になってしまいましたが、今でもいつかは任天堂で働けたら良いなあと思うぐらいには、任天堂が大好きです。今は結構苦境に立たされていますが、必ず盛り返すと信じて疑っておりません。

 

というぐらいには任天堂が大好きなのですが、この情報はこれまで全然チェックしておらず、今日初めて知りました。

HTML5とJavaScriptでWii Uのゲームが作れるフレームワーク。アマチュアDeveloperには公開されてないみたいだけれど、触れるものなら是非触ってみたい。これを題材にすれば、大事なのにいつも後回しにしてしまいがちなHTML+JavaScriptの勉強のモチベーションになるかもしれない。「好きになれないことを、いかに自分の好きなこと( ≒ 無駄なこと)に結びつけて進めていけるか」というのが、このホームページの目的だったりするので。

 

といっても、当面は公開の予定はなさそうなので、似たようなものでまずはenchant.jsを触るのが良いのかしら。任天堂ウェブフレームワーク向けに最適化したものもあるようだし。

でもRAPIROでやりたいことがまだまだあるし、うーん、時間が足りない。

RAPIROの視点を楽しむ 〜カメラでいろいろ遊ぶ③〜

しばらく会社の調べものを優先していたので、本業(?)のRAPIRO工作がおろそかになってしまいました。。。ちょっと時間ができたので、久しぶりにRAPIROを触ろうと思います。

と、久々にRAPIROを立ち上げてみたら、Raspberry Piの無線LANがうまく起動しなくなってしまいました。具体的には、

  • Wi-Fi子機を挿したままだと起動が途中でストップする
  • 起動後にWi-Fi子機を挿すと、認識されるし、ブラウザでWebページも見れるが、何故かローカルでpingが通らない

などなど。セルフパワーのUSBハブ経由で動かしているから、電力が不十分ということはないと思うのだけれど。

うごうご調べているうちになぜかpingが通るようになったので、結局理由はうやむやに。ただ、調べているうち面白そうな記事を見つけました。

Raspberry Piに固定IPをふるのではなく、Bonjour(ボンジュール)という仕組みを使って機器発見できるようにすると。確かにこれなら、ちょっとややこしかった(未だに理屈がよくわかっていない)固定IP設定をしなくてよくなります。無線LAN設定がどうしようもなくおかしくなったら、ちょっと試してみようと思います。

 

さてさて、せっかく以前Wiiリモコンで制御できるようにしたので、Wiiリモコンで写真&動画撮影&ライブ配信をできるようにしたいと思います。ようやくRAPIROらしい話になってきました。

結論から言うと、写真&動画撮影はうまいこといきましたが、ライブ配信はうまくいきませんでした。そのあたりについては、以下で詳しく述べます。

続きを読む