カテゴリー別アーカイブ: 特撮

『投資家が『お金』よりも大切にしていること』『投資は『きれいごと』で成功する』

自分は経済の話はさっぱりわかりません。『仮にもエンジニアですから』なんて言い訳が通じないぐらいにわかりません。おそらく30代前半にもなったら、経済の専門家でなくても、株式とか国債とか日経平均株価だとかある程度のことはわかってくるような印象(←実際、同世代の友人に会うとそういう話になったりもする)なのですが、恥ずかしながら自分は全然わかりません。

元々ビビリな性格なので、「株とかってミスったら大変なことになるではないですか!」というイメージが強いですし、会社にいるときも、いきなり営業の電話がかかってきて「マンション経営しませんか!」なんて言ってくるものですから、そういう投資だとか何だかとかに対する不信感は募る一方です。そんなワケなので、基本的に稼いだお金は銀行に預けっぱなしだし、株の購入とかも一切やっていません。

が、「それはそれでいかがなものか?」ということを考えるきっかけになる本を読んだので、せっかくなのでご紹介です。

続きを読む

超変身!仮面ライダーラピロ!

前回Raspberry Piでガイアメモリを制御できるようになったので、クウガのメモリの音声基板をラピロの頭の中に組み込んでみました。クウガのガイアメモリには素晴らしいことに、4つのフォーム(マイティ・ドラゴン・ペガサス・タイタン)の変身音が全て収録されているので、これを使えば4つのフォームへの変身を再現(?)できそうです。

続きを読む

ガイアメモリで遊ぼう!〜Arduino & Raspberry Piでガイアメモリを制御〜

th_gaia_memory

お金の工面のためにメルカリ出品物を探していたときに、自分のおもちゃ箱の底から発掘された、『仮面ライダーW』のコレクトアイテム、ガイアメモリ。

「これはいくらで売れるかしら」と思いながら動作確認していたときに、思いついてしまいました。「これをラピロに組み込められれば、ラピロに必殺技音声を喋らせたり、ラピロを変身させたりできるのではないのか?」と。

思いついてしまったからには止められないので、ガイアメモリの音声基板のラピロ組み込みにチャレンジしてみたいと思います。

あ、XBeeドア開閉センサにつきましては、ただいま、どれだけ電池がもってくれるかの検証中ですので、いましばらくお待ちください。

続きを読む

語ろう!平成仮面ライダー

新刊『語ろう! 555・剣・響鬼』を読みました。

ちなみに前作はこちら。

前作もそうでしたが、濃い、濃過ぎる。。。読むのに10時間ぐらいかかりました。そしてみんな草加大好きだな!

自分は『仮面ライダークウガ』の頃から、ずーっとリアルタイムで観続けているライダーファンです。最近は昔ほどの熱意はなくて、夏と冬に映画館に足を運ぶことはなくなってしまいましたが、それでも未だに見続けているのです。

ただ、自分の周りにはライダー話をできる人が自分の兄しかいなくて(*兄は自分を上回るライダー好き、というか自分は兄の影響でライダー好きになりました)、他人とライダーについて語ることが今まで全然できなかったのです。

また、このサイトを含め、過去に何度かブログでライダーについて書こうかと思ったこともあるのですが、書くたびに内容がとっちらかってしまって、全然うまく書くことができず。。。気がつきゃ現在16作目、その一作一作について語ろうと思ったら、そりゃもうえらいこっちゃや、となってしまいました。

そんなわけなので、せっかくこういうタイミングなので、何かしらライダーについて書こうと思うのですが、この本に書かれているレベルの深い話はできそうにないので、単純に自分が、『どういう観点で、どれが好きか』というのをつらつらっと書いてみたいと思います。この本の鈴村健一さんの言葉を借りれば、単に自分の『推しライダー』について語りたい、ただそれだけです。

。。。ラピロとか電子工作好きでこのサイトを観てくださっている方は、今回は読み飛ばしてもらって大丈夫です、ハイ。

では、早速。長いです。

続きを読む

『イン・ザ・ヒーロー』

前々から気になっていたのですが、いつの間にか公式サイトで予告編が公開されてますねー。

特撮のスーツアクターに焦点をあてるという、誰得というか俺得だなあという映画です。

単にスーツアクターに焦点をあてただけだったら観に行かなかったかもしれませんが、唐沢寿明さんと福士蒼汰さんが主役やってる時点で、もう観に行くことは確定です。

福士さんは言わずと知れた『仮面ライダーフォーゼ』ですし、唐沢さんが昔ライダーマンのスーツアクターをしていたというのもこの界隈(?)では有名な話なので、絶妙な配役だと思います。

おそらく大ヒットとまではいかないんじゃないかなーと思いますが、個人的に応援したい映画です。

続きを読む