カテゴリー別アーカイブ: 3Dプリンタ

BS01とBuildTakのために角井銅商店で銅板を購入したお話

th_bs01-cu-12

ちょっときっかけがあって、半年以上ぶりぐらいに3DプリンタBS01を起動させました。

簡単にグリスとかだけ塗り直して造形してみたところ、

th_bs01-cu-2

うーん、あんまりよろしくない。後でバリとかをとればそれなりには見えるのだけれど。

それで久しぶりにBS01 Wikiなど見ていたら、自分がBuildTak(フィラメントの食いつきを良くしてくれるアイテム)の使い方を間違っていたことに今更気がつきました。

続きを読む

RAPIRO(ラピロ)にArduinoシールドを装備させる

th_rapiro_arduio_20

誤解を招きそうなタイトルですが、かといって嘘を言っているワケでもなく。

世間一般で言うところのArduinoシールドを利用できるようにしたのではなく、Arduino自体を(ガンダムが持ってそうな)物理的なシールドとしてラピロに装備させました。前回、Arduino経由でラピロのRaspberry Piにセンサ群を接続しましたが、いろいろビローンとなってしまっている状態(?)だったので、こういう形でまとめ上げてみました。

続きを読む

RAPIRO(ラピロ)に赤外線リモコンを装備させる

th_rapiro_gun_1

「ラピロに銃の形をした赤外線リモコンを装備させたらおもしろカッコイイんじゃないか?」

というアイデアは、ラピロを購入して一ヶ月ぐらいした頃に、ぼんやりと思いつきました。ちょうど一年ぐらい前です。その頃は「 Arduinoで赤外線リモコン作ってRaspberry Piから制御すればいけるかなー」とか考えていたのですが、いざやろうとすると色々面倒で、ちょっと仕事が忙しかったこともあって、なかなか手をつけられずにいました。

最近になって、ちょっと時間ができたのと、なんやかんや色々知識が増えたのと、また1年前にはなかった強力な武器を2つ手に入れたこともあって、ようやく実現に漕ぎ着けました。武器の一つは、3Dプリンタ。もう一つは、大宮技研さんの販売しているirMagicianです。

 赤外線リモコンについては過去に自作したこともあるのですが、かなり制約が厳しくて(距離が短く、かつ有効角度がシビア)、ちょっと実運用には厳しいなあという状態でした。

そんなワケで、なんとか距離と角度の問題を解決できないかなあと色々探しているウチに見つかったのが、irMagicianでした。Raspberry Piでの利用実績もあるし、べらぼうに高いワケでもない(←キット版1,980円、完成版3,980円)ので、ちょっとテストしてみるつもりで購入しました(ちなみに購入したのは完成版です。表面実装とかのスキルは持ち合わせておりませんゆえ)。

試してみた結果、部屋の対角線上の真逆にあるエアコンが操作できたので、4mぐらいは飛んでいると思います。これだけ飛んでくれれば自分的には十分です。角度も、厳密には測っていませんが、自分が自作したものに比べるとだいぶ許容範囲が大きくなっている気がします。

というわけで、自作よりもirMagicianベースで、ラピロの赤外線リモコン装備を作成していくことにしました。以下、作業記録です。

続きを読む

RAPIRO(ラピロ)の目にLEDマトリックス基板を仕込む

th_rapiro_led_11

初めに申しますと、このアイデアは私のものではありません。元ネタはこちらの方のものです。

結構前にやられていて、これを見つけたときには「うわー、やられた!」と思ってしまいました。素晴らしいアイデアだと思います。

「これは自分も是非やりたい!」と思い、部品(LEDマトリックス基板)は結構前から購入していたのですが、なんやかんやで放置してしまっていました。自分のスキル不足もありまして。

ですが、最近3Dプリンタという武器を手に入れたので、その練習も兼ねて、ようやくチャレンジすることにしました。nakano.koumutenさんの方ではアルミ板を加工してLEDを固定されていますが、ここではその固定具を3Dプリンタを使って作成してみます。あと、使っているRaspberry PiがType BとTypeB+という違いもあります。今回はRaspberry Pi Type B+を使用しています。

なお、利用しているLEDマトリックス基板は、「Adafruit I2C通信の8×8 1.2インチLEDマトリックス基板(赤色)」×2個です。

では、早速。

続きを読む

3Dプリンタでラピロ向けRaspberry Pi B+固定具をつくってみた

ラピロはRaspberry PiのType B+が出る前に設計されたものなので、その前のRaspberry Pi Type Bだとキッチリとはめ込むことができます。

かといって、Type B+が使えないかというとそんなことはなく、幸いType BとTypeB+で幅は変わっていないので、普通に載せることができます。

b_plus_1

この場合、Raspberry Piを固定する部分は、写真の赤丸の二箇所になります。Type Bのときは基盤に空いている穴にもう一つ棒が挿さるようようになっていましたが、Type B +ではその穴での固定はできません。その棒は、上の写真では見えませんが、右奥、USBコネクタの横に出てきます。

ラピロのWikiによれば、もう少しちゃんと設置したい場合には、棒の頭を削ったり、写真の片方のツメをカットするよう書かれていましたが、基本的にはそこまでしなくても大丈夫だと思います。

が。

続きを読む