このブログについて

cropped-hidaka-hiroji-on-rapiro.jpg

・高校では何となく理系を選択

・理系を選んだので、大学では何となく工学部に進学

↑こんな経歴で来てしまったので、何となくエンジニアとして就職してみたら、自分がさして技術が好きなわけでもないことに今更気がついてしまいました。それでも一応はエンジニアとして生きようとしている人の、仕事・趣味を問わず、考えたこと、やったこと、調べたことのメモ書きです。

「好きになれないことを、いかに自分の好きなこと( ≒ 無駄なこと)に結びつけて進めていけるか」

というのが、このホームページのテーマです。

管理人:ヒダカ ヒロジ

『MUDAなことをしよう。』はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


「このブログについて」への2件のフィードバック

  1. 初めまして、
    http://make-muda.weblike.jp/2014/05/1336/
    リンクの記事を参考にさせていただきました。
    XMLパース処理のところのプログラムを実行してみましたが、毎回Failed to parseとでてしまいます。僕はRaspberry Pi 2を使用しているので、処理速度の関係で動いてないのかと思いました。そこでraspberry pi model b +で動かしてみたとこ動きました。Raspberry Pi 2で動作するようにしたいのですが、どのようにすればよいかわかりません。コードの間にsleepを入れてみたりもしましたが、問題は解決されませんでした。Raspberry Piの処理速度を遅くしてみることも考えていますが、できればそのやり方はしたくないです。
    解決方法が分かれば教えてください。
    よろしくお願いいたします。

    1. 東出風馬 様

      初めまして、ヒダカヒロジです。

      私も一度だけ、Raspberry Pi 2上でJuliusを動かすのを試したことがあります。以下の記事の最後の方に少しだけ記録が残っていました。
      http://make-muda.weblike.jp/2015/07/2911/
      ただ、そのときはそもそもの安定性がすこぶる悪くて、結果、Juliusの改善をする前にJuliusの使用自体をやめてしまいました。。。

      その後、私自身はJuliusは使用していなかったのですが、一度同じようにFailed to parseになってしまうという問い合わせを受けたことがあります。その問い合わせをされた方がB+を使っていたかPi 2を使っていたかは定かではないのですが、そのときは結局、辞書の作成方法にミスがあったようです。

      Juliusの使用については、初めにご参照いただいた記事の他、以下でも取り上げています。
      http://make-muda.weblike.jp/2015/06/2844/
      http://make-muda.weblike.jp/2015/06/2847/
      http://make-muda.weblike.jp/2015/07/2867/
      やっていることは初めにご参照いただいたものと同じですが、辞書の作り方とかの手順がちょっぴり変わっています。ただ、この新しい記事も動作確認はB+でやっていたので、残念ながら解決には至らない可能性は高いです。

      それから、一つ気にしているのは、そもそものマイク入力が有効になっているかということです。というのも、最近のRaspbianはUSBのオーディオデバイスの指定方法が参照いただいた記事を書いた時と違っているようなので。これについては、以下で書いています。
      http://make-muda.weblike.jp/2016/03/3668/
      ただ、B+の方では動いているとのことなので、これもやはり解決には至らないかもしれません。

      明確な答えを出せず、申し訳ありません。

hidaka_hiroji にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

うっかりエンジニアになってしまった人たちへ