フタを回して光る!発光フルボトルの作り方

『仮面ライダーエグゼイド』が本日最終回を迎えました。この一年間とても楽しませていただきました。本作品の制作に関わった全ての方々にお礼申し上げます。

さて、来週からは『仮面ライダービルド』が始まります。今回のコレクトアイテムは『フルボトル』。ギミックがベルト集約型なので、ガシャットのときみたいに単体をいじってオリジナリティの高い作品を作るというのは、今回は難しそうです。デザイン関係のスキルを持っている人であれば、塗装とかでボトルのデザインを変えたりもできるのかもしれませんが、生憎私にはそのスキルはございません。

電子工作スキルしか持っていない自分にできることは、今回はおそらく、ボトルを光らせることぐらいです。サイズ的にも、音を鳴らすような改造は不可能です。

で、光らせるだけだと、やっぱり考えることは皆さま同じなので、現時点(2017/8/26)で既に先人の方がおられます。まだビルドの放送も始まっていないのになあ。。。。

ただ、どちらの方もスピード重視で取り組まれているようなので、発光ユニットを中にエイヤと放り込まれる方法を採用しています。これだと発光のON/OFFが大変で、ちょっと遊ぶには不便そうなので、もう少し遊びやすいような発光ギミックを考えてみたいと思います。具体的には、フタを回すことで発光のON/OFFを切り替えられるようにしたいと思います。フルボトルでできることは基本的に「本体を振る」と「フタを回す」ことだけですが、後者はほとんどあってないようなギミックなので、これに意味を持たせたいと思います。

というわけで買って参りました、ゴリラモンドフルボトルセット。

th_full-bottle_1

th_full-bottle_76

ギミックはこの2つだけ。うーん、シンプル。

th_full-bottle_66

こちらはダイヤモンドフルボトル。ギミックは少ないけど綺麗です。

 

ではでは、早速分解していきましょう。

th_full-bottle_44

ネジ止めは裏面四箇所のみです。

th_full-bottle_77

内側にあるネジを外すともう少し部品をバラせますが、今回はここまでで十分です。

th_full-bottle_9

こちらはゴリラフルボトルの液体(?)パーツですが、液体パーツは共通で強めのはめ込み式(?)になっているようなので、頑張れば外せるかもしれませんが、変に傷ついたりはめ込みピンが折れたりするのも嫌なので、今回はここは開けません。

 

さて。発光改造をするにあたり、一番の問題は「電池をどこにどうやって入れよう?」というところです。

冒頭の動画のように発光ユニットを丸ごと突っ込む形だと、液体パーツ部分に電池が来ることになります。これはこれで「なるほど」という感じなのですが、このやり方だと、上下に振動する液体パーツから導線を伸ばしてボトルの蓋に接続してなんやかんやするのはちょっと難しそうです。

ということで、なんとか電池を入れられそうな場所を作ってみます。

th_full-bottle_18

最初はこんな感じで、頑張ってガイドバーツ(←液体パーツをスムーズに上下させるためのガイド)を残しつつ電池を埋め込めないか頑張ってみたのですが、このやり方だと電池の接触不良が頻発してしまったので、断念しました。その後、このガイドパーツをエイヤと取り去ってしまって振り心地(?)を検証した結果、そこまで大きく振り心地は劣化しないことが確認できたので、思い切ってこのガイドパーツをカットしてしまうことにしました。

th_full-bottle_45

このパーツを、

th_full-bottle_46

こんな感じで。面が平らになるぐらいまで切り取ることができればOKです。

次に使用する電池ですが、LEDを発光させるためにはだいたい3V程度必要です。上の写真のようにLR44を2個直列に繋ぐ方法も試したりしてみたのですが、最終的には省スペースでかつ単体で3V出力が可能な以下のCR2032を使用することにしました。

「タブ付き?なぜ普通のCR2032ではないの?」と思われた方もおられるかもしれません。最初は私も普通のCR2032を使おうと思っていたのですが、この場合に難しくなるのが、リード線(配線)の電池への固定です。

th_full-bottle_18

これは上と同じでLR44で試行錯誤していたときの写真ですが、こんな感じでテープで線を固定しようとすると、いくらしっかりつけたつもりになっても、かなりの確率で接触不良が発生します。特にフルボトルは振って遊ぶものですから、テープで一時的に固定できても、遊んでいるうちに接触不良を起こす確率は極めて高いと思われます。

そのため、確実に配線を固定するにははんだ付けがベストなのですが、電池の電極に直接はんだづけすることは大変危険です。絶対にやめてください。ということで、何か良い手がないか考えていたところ、過去にスーパーファミコン用ソフトのバッテリーバックアップ電池の交換用の電池をいくつかストックしていたのを思い出しました。これなら、タブを使って間接的に半田付けをすることができます。

th_full-bottle_47

ということで、タブ付きCR2032です。これのマイナス側(写真表側)の端子を、

th_full-bottle_48

こんな風に水平に折り曲げて、

th_full-bottle_49

一応抵抗を半田付けしておきます。半田づけはタブですが、熱は普通に伝導するので、手早く終わらせます。LED一個をこの電池で光らせる程度なら抵抗はなくても大惨事にはならないと思いますが、一応申し訳程度に47Ωを挟んでいます。

th_full-bottle_50

この電池を実際にフルボトルにあてがってみると、微妙に収まりきらないので、干渉するネジ穴の部分を少しニッパで切り取ります。

th_full-bottle_51

こんな感じになればOKです。

th_full-bottle_52

この時点で、電池はクリアパーツに固定しておきます。周囲をテープで貼るぐらいで大丈夫です。

th_full-bottle_53

改めて電池をフルボトルにはめ込んでみて、LEDの位置決めをします。液体パーツが上下に移動したときに干渉しない位置にLEDが来るようにします。LEDの先端が90度曲がっているのは、正面から見たときに発光をわかりやすくするためです。指向角度の大きいLEDを使うときは、そのままの向きでもいいかもしれません。

なお、LEDの大きさは3mmのものを使用しています。3mmであれば、液体パーツを分解せずに、LEDを中に通すことができます。これ以上の大きさのLEDを使いたい場合は、液体パーツの分割、もしくは液体パーツの穴の大きさの拡大が必要になります。

th_full-bottle_54

LEDのカソード側を先ほどの抵抗に接続し、アノード側は90度折り曲げて横に出します。アノードの線が抵抗や電池に接触してしまいそうなら、写真のように絶縁テープを貼っておくと良いと思います。

th_full-bottle_61

次に、電池のプラス側の端子と、先ほどのLEDのアノードの線の先に、細めのリード線を半田付けします。このリード線には、自分はスイッチサイエンスさんで取り扱っているシリコンワイヤーの被膜をとったヨリ線を軽く半田でコーティングしたものを使いましたが、細めのものなら何でもよいです。長さは、フルボトルの底からフタまで届くぐらいあれば十分です。

th_full-bottle_62

こんな感じですね。この時点で、この二本の線を接触させたときにちゃんとLEDが発光するかを確認しておきましょう。

 

th_full-bottle_55

これで電池側の方の作業はだいたい終わったので、次に電源スイッチとするフタ側の方の作業をします。液体パーツのガイドパーツが貫通する穴のところに、

th_full-bottle_56

th_full-bottle_57

こんな感じで、裏表が繋がるような形で導電性テープを貼り付けます。

th_full-bottle_58

そして、フタ部分の裏面に同じ導電性テープを貼り付けてやれば、

th_full-bottle_59

このような状態からフタが回転して、

th_full-bottle_60

ラベルが正面に来たときに、二つの導電テープの面が通電するという仕組みです。

th_full-bottle_63

というわけで、先ほどのLED・電源ユニットから延ばした線を、なるべくボトルの裏面に沿うように伸ばして、先ほどの導電性テープに半田付けします。この延ばした線ですが、お手軽にやるならこの方法で良いのですが、やっぱり液体パーツを上下させるときに多少干渉する可能性があります。このリスクを避けたい場合は、もう一手間加えて、ボトルの台座とクリアパーツに穴を開けて、ボトル背面の認識ピンとボトルの間にある空間に線を通すというやり方もあるかもしれません。自分は今回は試せていません。

ちなみに、自分は導電性テープに以下を使用しました。

はじめは「通電すりゃ何でもいいかな?」と思って、100均で買ったアルミテープを使っていたのですが、電池のときと同じで、線の固定に難があって、こちらも接触不良が頻発しました。結局こちらも半田付けでの固定が必要になったのですが、アルミテープだと半田付けができなかったので、ちょっとお高いですがこちらのテープを使用しました。

 

以上で配線はおしまいです。元どおりにパーツを組み上げていきましょう。

th_full-bottle_64

導電性テープを貼ったことにより、液体パーツのガイドが穴を通らなくなってしまう可能性があります。この場合は、

th_full-bottle_65

干渉する部分だけニッパでカットしてしまえばOKです。少しだけならカットしても動作に影響は出ません。

 

で、こちらが完成品です。

th_full-bottle_66

正面から見ると、ほとんど市販品と変わりません。

th_full-bottle_67

横から見ると、上下に走る線がボトル内部に見えていますが、言われなければ案外気になりません。

th_full-bottle_68

底には丁度ぐらいの大きさで電池が収まっています。

 

ではでは、発光させてみます。せーの、

th_full-bottle_69

カチ。

th_full-bottle_70

おー、ついたついた。

 

th_full-bottle_71

ゴリラフルボトルも同様に発光改造しましたので、並べてみました。ダイヤモンドフルボトルの方が明るいですが、これは単純に使用しているLEDの明るさ性能がそのまま反映された結果です。ゴリラフルボトルの方はトリコン社製の電球色LED(THCW6A-3A25-C, 3.3V, 20mA, 5500mcd)、ダイヤモンドフルボトルの方はOptosupply社製のアイスブルー色LED(OSB64L3131A, 3.1V, 20mA, 12000mcd)を使用しています。

th_full-bottle_75

ちょっと暗めの部屋で照らすと、何だか良い感じです。

 

というわけで、フルボトルの発光改造でした。一応、振ったときのシャカシャカ感はできる限り殺さないように改造してみたつもりですが、まだまだ改善の余地はあると思います。また、今回はLEDの発光位置は中央で固定になっているので、「いやいや、発光部分も液体パーツと一緒に上下させなきゃダメだ!」という場合は、また別のアプローチを考えなくちゃいけないと思います。「振った時だけ発光させるんだ!」という仕様にしたい場合も、別の回路構成が必要ですね。

そんな感じで、シンプルで改造の余地があまりなさげなフルボトルですが、こだわればまだ色々できそうな気はしますので、また何か思いついたらチャレンジしてみたいと思います(本業と育児の間で時間があれば。。。)

 


「フタを回して光る!発光フルボトルの作り方」への9件のフィードバック

  1. hidaka_hiroji様
    他スレでお世話になりました”phillip”でございます。
    そちらでは誠にありがとうございました。

    ・・・って
    なんだか凄すぎる!(ノ゚⊿゚)ノ凄いぞぉぉぉ~!
    ここまで”やる”方がいらっしゃるなんて!

    私も仮面ライダーは大好きで、新シーズのビルドに期待しております(^^)
    555では携帯の音声を入れたり、剣ではカードを集めたり、
    OOOではメダル、フォーゼではスイッチを・・・
    うぅ~ん、なんというバンダイと東映の思う壺策略にはまっているのか・・・(^^;

    特にハマったのが”ガイアメモリ”です。
    一連の作品中でも”W”は別格だと思っております。

    そ・こ・で・・・
    誰もが皆が考える、「ガイアメモリの有効的実用化使用における改造」についてです。

    先ずは、失敗しても良いようにテスト用のブツを用意して~からの、
    小さめのUSBメモリを用意して~、
    分解して~、
    組み込んで~

    って、しか~し、あのサイズにUSBメモリの端子は非常にバランスが悪く、見た目にもカッコ悪い・・・

    ・見た目は、そのままに。
    ・挿入時に元の端子部分をスライドさせて中に引っ込める。
    ↑これに何個のガイアメモリが昇天されたか・・・(^^;

    結局、未完のままで終わってしまいましたが・・・

    未だ手元にあるガイアメモリは電池交換もしないのに、ボタンを押すと、
    「サイクロン!」
    「ジョォーカァー!」
    と、叫び続けております(^^)

    「技術者及びエンジニア」(同じ意味か?)を私は尊敬します。
    また楽しい記事を期待しております。

    追伸、
    私のハンドルネーム、”phillip”は、決して”W”のフィリップではなく、
    敬愛する大藪春彦先生の「野獣シリーズ」での主人公、「伊達邦彦」の偽名「フィリップ・ブラウン」からです。

    1. phillip様

      こちらのエントリでもコメント頂きありがとうございます。こちらが私の本筋で、メルカリの記事の方がイレギュラーです(笑)

      私は本物のUSBメモリの改造には手を出していませんが、ガイアメモリを工作の素材として活用しようとしたことはあります。
      http://make-muda.weblike.jp/2015/05/2741/
      ガイアメモリは音声素材としては非常に優秀なんですよね。ただ、いかんせん、音質が悪いです。。。しょうがないですけれど。
      いつか変身アイテムの音声素材だけを収録したCDが出ることを切に願っています。

  2. はじめまして^^
    ショウカイジャーさんのツイートから参りました。
    発光台座のページにて、ドライバー改造の動画を紹介して頂いた者です。

    フルボトル単体、しかもフタがスイッチに!素晴らしいです♪
    拝見した 細かい細工を見るに、
    自分の行ったドライバーの改造より、数段手の込んだ物だと思います

    沢山の方が、色々なアプローチで玩具の
    改善、改造をしてるのが嬉しいです^^

    1. クレーンの丈 様

      はじめまして! 何よりまず、無断でご紹介してしまいました申し訳ありませんm(_ _)m あの改造は私にはちょっとできそうになかったので、素直に嫉妬してしまいました(笑)。

      丈様のページはブックマークさせて頂いていて、定期的にチェックさせて頂いているのですが、あのビルドドライバーの解析結果は素晴らしいですね!
      せっかく解析頂いたので、あの情報を元にやりたいアイデアはあるのですが、時間が全然足りません。。。

  3. いえいえ、自分のは在り物の基板に
    むりやりLED繋げただけですので(汗)

    一覧、お役に立てれば幸いです^^
    解析と言うほど高尚なものではなく、
    むりやり聞き出した感じですがw

    今日はまた、おかしな物を作ってみました。
    Youtubeですが、リンクからどうぞ^^

    1. 丈様

      見ました! そうです、こういうのがやりたいんです! 自分がやろうとしていたのはガイアメモリとはまた別ですが。。。
      やりたいことは同じなので、ガイアメモリの裏面の認識部分をどう作り込んだのかがとても気になります!(笑)

      1. ものすごく絶賛されて恐縮です><
        いやぁ・・あれは、ものすごく適当でw

        ガシャポンでだぶった
        ラビットとタンクの後ろ側 1/3を切り出して、
        メモリの裏側に両面テープで貼っただけです^^

        普段、こうした造形はさっぱりで素材もなく、
        識別パターンの突起用に、2mm角のプラ棒を注文したのですが、
        待ちきれなくて… パテをこねて作りましたw
        めちゃめちゃ手作り感満載です♪

        1. 丈様

          なるほど、パテですか! 2mm角のプラ棒もなるほどです◎
          自分は丈様の解析結果を元に、認識部分の突起は3Dプリンタで作ってみようかと思っていました。
          ただ、3Dデザインは自分の専門外なので、相当時間がかかると思います。。。
          なにより今は、皆様にフルボトル専用発光台座をお届けするのが最優先ですので、
          それがひと段落する頃(年明け?)ぐらいに、のんびり取り組んでみようと思います。

hidaka_hiroji にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>