RAPIRO(ラピロ)の表情七変化

th_rapiro_face_8

前回のスマホコントローラの動画の最後でもちょっとやっていましたが、ラピロで色々表情変化をできるようにしました。七変化と言いながら、実際は8変化+1?です。

rapiro_face_11

スマホコントローラのUIは、前回のものから少し見直しました。主にラピロの移動用のUIと、コミュニケーション用のUIをタブで切り替えるようにしています。上はラピロの移動用のタブで、

rapiro_face_12

こちらがコミュニケーション用のUIです。”Face”の下のアイコンで表情を切り替えられるようにしています。適当なフリーアイコンが入手できなくて、仕方がないので、適当にパワポで自作しました。

th_rapiro_face_1

初期状態。

th_rapiro_face_2

起動!

th_rapiro_face_3

わーい!

th_rapiro_face_4

やってやるぜ!

th_rapiro_face_5

うーん、それは残念です。

th_rapiro_face_6

まあ、いいじゃないですか。

th_rapiro_face_7

ナニモミエナイ、キコエナイ。

th_rapiro_face_8

やっちゃったぜ!

th_rapiro_face_10

君に、胸キュン。

 

rapiro_face_13

先ほどのUIを下にスライドさせると、その他のコミュニケーション用のコントローラが出てきます。”Speak Message”と”Motion”については次回説明するとして、ここでは”Show Message”を使います。ここに入力したテキストが、ラピロの目にスクロール表示されるようになっています。スピードは3段階で調整可能にしました。

この機能については写真ではちょっと伝えにくいので、動画をどうぞ。

うん、オサレですね。

 

ということで、スピーカーに加えて簡易ディスプレイ(?)も搭載できたので、だいぶラピロからいろんな情報をアウトプットできるようになってきたと思います。次回は、これらをフル活用して、コミュニケーション・ロボットとしてのラピロの可能性を探ってみたいと思います。


「RAPIRO(ラピロ)の表情七変化」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>