『ハルロック(1)』を読みました

ネットをウロウロしている間に『ハルロック』なる電子工作マンガがあることを知ったので、Kindleで読んでみました。

自分はコンデンサもロクに扱えないようなうっすい電子工作好きですが、「ああ、これはなんかわかるなあ」というのがチラホラ出てきます。

  • 「電子工作界において『作るまでもない』は禁句な」
  • 「ファンデーションに5000円払えるかというと…」「Arduino Megaが買えるじゃん」

とか。

「ジャンク屋大好き!」みたいなディープな電子工作好きな人はより一層楽しめそうなネタがテンコ盛りだと思いますが、自分みたいなにわか電子工作好きな方も結構楽しめます。ちなみに自分はジャンクパーツとかはさっぱりわかりません。

 


「『ハルロック(1)』を読みました」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>