Heroku + WordPressでホームページ立ち上げ

最近自分の思考が停止気味で、大したことでもないことでずっと頭を悩ませたり、仕事を進める上でせっかく調べた事もあっという間に忘れてまた調べ直し⇒時間の浪費、ということがあまりに増えてきました。

これではいかんなあ、ということで、せっかくなのでホームページを立ち上げてそこにメモしていくことにしました。そうすれば自分の成果が少しずつ蓄積されているのがわかるし、同じことを何度も調べ直すことがなくなって時間の節約になる。。。ハズ。さて、どこまで続けていけるか。

ど素人なりにホームページ立ち上げにあたり色々調べてみると、なにやら最近はWordPressとやらを使うことが増えているそうな。でも使うためにはレンタルサーバを借りなくてはならないと。うーん、月額費用を払うのは更新のモチベーションにはなるかもしれないけれど、どこにするのかとか調べるのが面倒。

あと、ひょっとしたら今後WebSocketとか使って色々試していくことになるかもしれないので、できればそれも使えるサーバを借りておくと、今後二度手間にならずに済むかもしれない。

などなど考えていたら、HerokuとやらではWebSocketが使えて、またWordPressも載せられるということなので、とりあえずこの組み合わせでやってみることにしました。

参考にさせていただいたのは以下のページです。

WordPressのブログをherokuで立ち上げて、何かメリットあるの?

およそこの手順通りに進めていくことで、無事ホームページを立ち上げることができました。引っかかったのは、一番最初のコマンド入力が

heroku create [アプリ名] -s cedar -b git://github.com/iphoting/heroku-buildpack-php-tyler.git
 
 ではなく、
 
heroku apps:create [アプリ名] -s cedar -b git://github.com/iphoting/heroku-buildpack-php-tyler.git
 
にしなくてはいけなかったことぐらい(バージョンの違い?)。
 
でもHerokuが何かとか、Heroku+WordPressで必要になるgitが何かとか全然わからずやっているので、そのへんちゃんと理解していかなくては。
 
ちなみにgitについては、以下を参考に少しだけ勉強させていただきました。
 
 
会社ではSVNを使っていますが、未だに使い方がよくわからなくておっかなびっくり使っているので、そもそものバージョン管理についてちゃんと理解しなくては。。。
 

「Heroku + WordPressでホームページ立ち上げ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>