NINTENDO LABOをちょっと楽しくするArduino Toy-Con

発表されたときから「絶対買う」と決めていた『NINTENDO LABO』。早速、バラエティキットを購入致しました。

本当はロボットキットの方も購入したかったのですが、奥様に難色を示されたので断念。バラエティキットの方は「子ども(一歳数ヶ月)も一緒に遊べるから!」という説得で許可が下りました。

th_n_labo_1

で、実際遊びまくっているウチの長男。一緒に作ることは当然できませんでしたし、遊べて「おうち」と「ピアノ」だけなのですが、大変気に入ってくれているようで、朝起きるとまず私の部屋にやってきて「あれやらせろ」と手を伸ばします。超かわいい。

 

。。。さて、元々用意されている5つのToy-Con(「リモコンカー」「つり」「おうち」「バイク」「ピアノ」)でも十分楽しめるのですが、やはりこのソフトのキモは『Toy-Conガレージ』でしょう。簡単にいうと、「Switch本体とJoy-Conの機能を好きに組み合わせて、あなただけのオリジナルの遊び(Toy-Con)を発明しよう!」という内容です。早速、ネット上では色々なオリジナルToy-Conがアップされてきています。音ゲーを作ったり、ゲーム&ウォッチを再現したり、視力検査装置を作ったり、ただ自分の絵を見て褒めてくれる装置を作ったり。。。なるほどなあと思うものがたくさんあって大変楽しいです。『NINTENDO LABO』は「モノづくりは興味あるけど、電子工作とかプログラムとかムズかしいよね」と思っていた人たちを引っ張り上げてクリエイターにしてしまう、とても素晴らしいツールだと思います。

その一方で、小心者かつひねくれ者の私は、「そんなのあったら、みんな簡単におもしろいモノを作れてしまって、相対的に自分の価値が下がってしまうではないですか!」という気持ちもちょっぴりあるのです。

というわけで、自分の存在証明のため(?)、同じオリジナルToy-Conを作るにしても、モノづくり初学者にはちょっとハードルが高そうなモノを敢えて作ってみることにしました。電子工作好きなら誰でも知っているArduinoとの連携によって実現するToy-Conを作ってみます。

続きを読む

オリジナルベストマッチをつくる 〜トランスチームガン・カスタム〜

前回のハザードトリガーに引き続き、今回もビルド関連の工作です。トランスチームガンをベースに、『ぼくのかんがえたベストマッチ』を実現するオモチャを作ってみました。

正確に言うと、任意のフルボトルを組み合わせることで、元々存在しているベストマッチ以外の組み合わせを、新たなベストマッチとして定義することができます。わかりやすい例でいうと、『魔法使い』x『ライオン』で、『仮面ライダービースト』!とかですね。また、フルボトルの組み合わせも、別に二つの組み合わせに限定する必要もないだろうということで、とりあえず三連ベストマッチまで定義できるようにしてみました。

さらに、「こういうベストマッチもありかと思うけど、それにうまく合うようなフルボトルが東都にも北都にも西都にもレジェンド関連にも存在しない!」という事態にも対応できるように、自分で新たなフルボトルを定義する仕組みも用意しておきました。これにより、ベストマッチの組み合わせはアイデア次第でほぼ無限大に用意できることになりました。

続きを読む

オリジナルフルボトルをつくる 〜レジェンドライダーフルボトル(別解釈)〜

前に、任意の音声を再生できるフルボトルのマスタープレートを作成しました。これを適当なフルボトルに取り付けることで、任意の音声を再生可能なフルボトルが出来上がります。

ただ、これを作っただけだと、音声解析の用途以外では、『フルボトルの外身(デザイン)と中身(音声)が一致しない』という、なんだかチグハグなフルボトルを生み出すことぐらいしかやることがなく、あんまり遊びの幅が広がりません。

中身(音声)を変えようとすると、それはビルドドライバー側の方に手を入れないとどうしようもないので、そこは一旦置いておくとして。せめて外身(デザイン)の方を、元々ビルドドライバーに用意されている音声に合わせる形で、なんとか自作できないかと考えてみました。

続きを読む

フルボトル専用発光台座についてのお知らせと小ネタ

th_fullbottle_color_5

自分の諸々の都合で2018/1/13を持って制作請負を終了させて頂いたフルボトル専用発光台座ですが、ご注文頂いていた全ての方々の分の制作がようやく完了致しました。わーい。その数にして231セット、計462個。一人でコツコツ作った数としては頑張った方ではないかと思います。

「あれ、注文したのにまだ届いていないんだけど。。。」という方がおられるかもしれません。今回は、主にその方々に向けて書かせて頂いております。

続きを読む

うっかりエンジニアになってしまった人たちへ